さっぽろ狸寄席ぽんぽこブログver.Webry

アクセスカウンタ

zoom RSS 「狸寄席2016夏」に出演の演者さん紹介「桂非熊さん」「野田亭なのださん」「一芸斎てれ花さん」他

<<   作成日時 : 2016/07/12 10:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ7月23日(土)に開催される「狸寄席2016夏」の昼の部「小狸寄席(素人寄席)」に出演する社会人落語家さんをご紹介させていただいております。

開催までもう二週間を切っておりますので、是非ご予定をお明け下さい。

当日の出演順にご紹介してまいります。





先日ご紹介した藤花亭梅殊さんに続き、漫才の「夢カンパニー」さんが出演してくださいます。

詳細は当日会場においでいただいてのお楽しみです(^^)。





続いて、落語の「桂非熊」さんのご登場です。

滑稽噺もこなすが特に艶噺を得意とする非熊さん。

実は本業は僧侶でいらっしゃいます。

強面の風貌で着物姿で出歩き、何度も警官に職務質問されてしまうそうですが、こころ優しい(←ここ強調)おじさんです。

若き日の桂枝雀(小米)に稽古をつけてもらっており、高座名の非熊は枝雀師匠からつけてもらったものだそうな。

一滴の酒も飲めないそうですが、素面で延々とカラオケの司会をこなす芸達者でもいらっしゃいます。





お次にご登場いただくのは落語の「野田亭なのだ」さん。

画像


(画像は「狸寄席2014春」)

お仕事の合間に日々鍛錬を積み、めきめきと腕をあげておられるなのださん。

独特の話し口で、聴く方々を「なのださんの世界」へといざなってくれます。

是非「なのださんの世界」をお楽しみください(^^)。





続いて、漫才の「北海笑事」さんが出演してくださいます。

詳細は当日会場においでいただいてのお楽しみです(^^)。





では本日の最後にご紹介させていただくのは、講談の「一芸斎てれ花」さんです。

画像


(画像は「第3回チャリティー寄席」)

札幌を中心に講談師としてご活躍なされているてれ花さん。

講談とは、釈台と呼ばれる小さな机に座り、張船などで調子を撮りつつ歴史にちなんだ読み物を読み上げる日本の伝統芸能です。

落語と違うところは、落語は登場人物になりきりますが、講談はあくまでストーリーテラーに徹するところ、落語は「間」を大事にするのに対し講談は「調子」が肝になる…といったところでしょうか。

落語とはまた一味違った芸です。

是非そんなところも注目しながらお楽しみいただければと存じます。

情感たっぷりに話をひも解いてくださるので、その世界に引き込まれることうけあいです。





次回以降も演者さんをご紹介して参ります。

お楽しみにっ!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「狸寄席2016夏」に出演の演者さん紹介「桂非熊さん」「野田亭なのださん」「一芸斎てれ花さん」他 さっぽろ狸寄席ぽんぽこブログver.Webry/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる