さっぽろ狸寄席ぽんぽこブログver.Webry

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/7「小狸寄席」に出演の演者さん紹介「野田亭なのださん」「一芸斎てれ花さん」「笹背負亭ぱんださん」

<<   作成日時 : 2017/01/04 16:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ今週末の1月7日(土)に開催される「小狸寄席(素人寄席)」に出演する社会人落語家さんをご紹介させていただいております。

当日の出演順にご紹介してまいります(出演順・登場する演者さんは変更される場合があります)。





前説等の後に、まず登場なさるのが、落語の「野田亭なのだ」さん。

画像


(画像は「狸寄席2014春」)

お仕事の合間に日々鍛錬を積み、めきめきと腕をあげておられるなのださん。

独特の話し口で、聴く方々を「なのださんの世界」へといざなってくれます。

是非「なのださんの世界」をお楽しみください(^^)。





続いて登場されるのは、講談の「一芸斎てれ花」さんです。

画像


(画像は「第3回チャリティー寄席」)

札幌を中心に講談師としてご活躍なされているてれ花さん。

講談とは、釈台と呼ばれる小さな机に座り、張船などで調子を撮りつつ歴史にちなんだ読み物を読み上げる日本の伝統芸能です。

落語と違うところは、落語は登場人物になりきりますが、講談はあくまでストーリーテラーに徹するところ、落語は「間」を大事にするのに対し講談は「調子」が肝になる…といったところでしょうか。

落語とはまた一味違った芸です。

是非そんなところも注目しながらお楽しみいただければと存じます。

情感たっぷりに話をひも解いてくださるので、その世界に引き込まれることうけあいです。





では本日の最後にご紹介させていただくのは、落語の「笹背負亭ぱんだ(ささしょってい ぱんだ)」さんです。

画像


落語との出会いは小学生の頃に読んだ、先代柳亭燕路師匠の本だそうです。

以後落語興味を持ち、本のみならず、テレビで見たり寄席にも通う様にもなりました。

本業は堅い仕事の公務員でありながら、いつの間にか見る側から演じる側へ。

創作落語から古典落語をこなし、普段から和服で歩くことも多いぱんださん。

最近は、ライブハウス等でミュージシャンに混じって落語を披露したり、活動の場を広げておられます。





明日以降も演者さんをご紹介して参ります。

お楽しみにっ!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/7「小狸寄席」に出演の演者さん紹介「野田亭なのださん」「一芸斎てれ花さん」「笹背負亭ぱんださん」 さっぽろ狸寄席ぽんぽこブログver.Webry/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる