寄席って何?どこにあるの?

画像


「寄席(よせ)」っていう言葉をたまに耳にされる方もいらっしゃると思います。

寄席ってなんだろう?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

寄席とはWikipediaを引用させてもらうと、「日本の都市において落語・浪曲・講談・漫才・手品などの技芸(演芸)を観客に見せるため席亭(興行主)が経営する常設の興行小屋である。なお、演芸を行う場所としては、文字通り演芸場(えんげいじょう)もある。」とあります。

落語などの演芸によって「人を寄せる」から「寄席」というそうです。



札幌の常設の寄席(演芸場)は残念ながら戦前に姿を消してしまいましたが、東京や大阪には常設の寄席(演芸場)が存在し、地域の皆さんに笑いを提供してくれています。

そのうち、東京での常設の寄席(演芸場)は現在、上野の鈴本演芸場、新宿末廣亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場と、四席あります。

そこに行けば365日落語が聴けるわけです。

たとえば、上野鈴本演芸場の番組を見ると、12:30に開演で主任(トリ)の出番が16時となっています。

その間出演者は落語が9席、色物が4席と演目で13あります!

それだけ楽しんで2,800円、まさに庶民の楽しみ、2800÷13で一演目あたり215.3円しかかかりません!!

基本的に概ね10日単位で番組が変わりますので、演者は10日間出ずっぱりで報酬もそれほど良くなく、演者さんにとっては割に合わない大変なことですが、観客としては楽しく、演者も芸を磨けるということで、落語の楽しみ方の定番がこの「寄席」かと思います。(※割に合わないっていうのは、このへんが語源らしいです。まちがってたらすいません。)

東京に行く機会がある方はまずこの「寄席」をぜひご体験ください!

札幌にもってきたいのはまさにこの寄席なんです!

写真は新宿の「末廣亭」です。狸小路を歩いているとこんな看板に出くわす。なんだかわくわくしませんか?



このブログは、狸小路に常設の演芸場を作ることを目指している「狸寄席の会」が、落語や狸小路のことをもっともっと知ってもらいたくて、毎週月曜と木曜に更新しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック