寄席の楽しみ方

画像


こちらのブログでは新年のご挨拶はまだでしたね。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

仕事始めの昨日月曜は、バタバタしててブログ記事をアップできませんでした。

月曜と木曜に更新すると申し上げておきながら申し訳ございません。



さて、寄席の楽しみ方は人それぞれですが、ホールとかで行われる独演会や落語会のようにがっちり聴きこむというよりは、お酒と助六なんぞを持ち込み、「誰が出るのかな、今日はなんの噺かな」とあくびでもしながら、ゆるく楽しむのが寄席の楽しみの一つでもあります。

やるほうはもちろん真剣勝負なのですが、通常、東京の寄席では10日間が一つの番組の単位で、すなわち、10日間ほぼ同じ演者が同じ会場・同じ時間に出てくるわけです。

そこで、少なくとも同じ日に同じ噺をしてはいけないという暗黙の決まりもあり、季節感やその日のお客さんのノリなんかを気にしながら、噺家さんはその場で演目を決めて高座へあがります。

すなわち、ジャズでいうところのジャムセッションのような感覚が寄席にはあるのです。

そこで繰り広げられるのは、噺家対噺家の腕比べならぬ噺比べ。

聴くほうも「ゆるく」と言いつつも噺家の真剣勝負をしっかりと楽しむことができます。

さすがに10日間まったく違う演目をというのはなかなか厳しいようですが、日々自分のレパートリーの中から他の噺家さんとかぶらずに、その場の雰囲気や季節や天候を意識した噺を演じる噺家さんてなかなかすごいと思いませんか?

とくに主任(トリ)ともなると、その前にかなりの演目が演じられ、そんな中、しっかりとトリを務めなくてはいけないわけで、演者には相当な力量が求められます。

逆に言うとそれだけの力を持った噺家さんが主任(トリ)を務めるのが寄席ということになります。

わたしたちの「狸寄席」の演者の人数はまだまだ本場の東京には及びませんが、ぜひ皆さんの力で、そんなゆるいお江戸の寄席を目指していきませんか?



さて、昨年10月27日に開催された「第一回狸寄席」では、主に狸小路界隈のたくさんのお店にチラシを置かせていただきました。

ちなみに写真はそのときの5丁目のとあるお店です。

どちらのお店かおわかりになりますでしょうか?

狸の置物とのコラボです♪

今後、また狸寄席のチラシを置かせてくださいと、スタッフがお邪魔するかもしれません。

その時は可能でしたらチラシを置いてくださるとありがたく存じます(^^)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック