みずから落語することに目覚めたアマチュア噺家さんたち

画像


落語の楽しみ方は人それぞれ。

寄席や独演会で生の落語を目で観て耳で聴く、これは生の醍醐味があります。

CDやDVDで名人の芸を繰り返し楽しむ、これはこれで乙なものです。

はたまた、観る聴くでは飽き足らず、噺を披露する楽しみもあるようです。

実際、道内にはたくさんの社会人落語倶楽部があり、みずから落語することに目覚めたアマチュア噺家さんたちが、日々精進しながら、様々な場面でその腕前を披露しています。

札幌落語倶楽部もその中のひとつです。狸寄席の会には札幌落語倶楽部の綴家小太郎さんが参加してまして、今回の小狸寄席には、倶楽部メンバーのご協力を強くいただいております。

昨日は、その札幌落語倶楽部の定例稽古会で、見学と打ち合わせを行ないました。

まだ稽古2回目という方もいらっしゃったり、ベテランの方もいたりと、皆さん味わいのある噺をされてました。

音楽サークルでは合奏するという楽しみもありますが、落語はあくまでも個人芸、集まることでどんなことをするのか、疑問に思う方もいらっしゃるかとは思いますが、人の噺を観て取り入れたり反省したり、人に噺を観て聴いてもらうことで芸に磨きをかけたりと、やはり趣味の仲間が集う楽しみは、どんなものにも共通項があるのではないでしょうか?



そんな落語大好きな仲間の集う小狸寄席は、きっと味わい深く、応援していきたくなるものだと思います。

もちろん、江戸前の本格的なプロの噺家さんの噺は心に響きいつまでも余韻を残す素晴らしいものですが、地元の仲間を温かく見守り応援し、札幌に生の芸能文化を根付かせていく、そんな楽しみ方もあって良いのでは?そう感じたひとときでした。

札幌落語倶楽部ホームページ(http://sappororakugo.sakura.ne.jp/)

次回の稽古会は2月10日です。

ご興味ある方はぜひホームページを覗いてください♪



また、狸寄席でお馴染みの柳家三之助師匠による特別落語教室も定期的に行なっています。

こちらは2月開催に向け、日程調整中とのことです。

プロの噺家さんにアドバイスを受ける機会があるなんて貴重なことですよね!

札幌に落語文化を根付かせようとしてくださる、三之助師匠にも敬服です。

2月15日には18時半開場19時開演で「三之助をみたかい?in札幌 Vol.28」が中央区民センターにて開催されます。

狸小路5丁目から10丁目まではものの数分です。

小狸寄席のあとには、三之助師匠の絶品落語をぜひお楽しみください!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック