落語入門「第八回 噺家さんの亭号とは」

前回ご紹介した「江戸落語中興の祖」こと烏亭焉馬。

彼が「亭号」を初めてつかった落語家とも言われているということはちらっと書かせていただきましたが、今回は少し「亭号」について掘り下げようと思います。





亭号とは、今まで狸寄席にご出演いただいた噺家さんたちのお名前をお借りすると、柳家三之助師匠の「柳家」、春風亭柳朝師匠の「春風亭」、林家扇さんの「柳家」、金原亭馬吉さんの「金原亭」、8/2(土)の「狸寄席2014夏」にご出演予定の三遊亭金八師匠の「三遊亭」といった、いわば噺家さんの「苗字」ともいえるものです。

なお、「林家」という亭号は元々は「林屋」と名乗っていて、明治21年に五代目が林家正蔵を襲名したときに「林家」となったように、読み方は変わらずに漢字が変わる場合もあります。(ちなみに現在の林家正蔵師匠は九代目です)

「家」「屋」はともかく、「亭」も「料亭」という言葉もありますように「休憩用の建物」や「屋敷」という意味がありますので、建物に由来するものなのかもしれませんね。

もっとも、「桂」などのように建物に由来しなさそうな亭号もありますが…。

「露の」という亭号は、烏亭焉馬より先の時代に活躍した「露の五郎兵衛」から来ているのでしょうからやはり建物に関係なさそうです。





亭号によってその噺家さんがどこの流派に属しているかがわかります。

亭号は通例師匠と同じものが与えられるからです。

そして通常は一度与えられた亭号が変わることは、何か特別な事情がない限りありません。

例えば名跡を襲名するとき、もしくは何らかの事情で他門に移籍するときなどです。

ただし、師匠と弟子、兄弟子と弟弟子で亭号が違う場合もあります。

それはその亭号同士がもともと同じ流派だったりする場合がほとんどです。

もちろん他の理由で違う亭号を名乗る場合も散見されますが、ここでは詳しく書くのを控えます。

また、「朝寝坊」など「これも落語の亭号なの?」と言いたくなる亭号もありますが、この亭号は歴史が古く由緒正しい亭号だったりもするので非常に興味深いです。

なお、「初代 朝寝房夢羅久」は烏亭焉馬の門下です。





今日はこのあたりで筆をおかせていただいて、次回は「色物」について掘り下げさせてもらおうと思います。





画像は前回の狸寄席2014春の「めくり」です。

画像


わて家わらくさんは、上方仕込みのテンポよい芸を、小気味よく披露してくださいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック