狸小路5丁目のタイ料理のお店「マニータイ」さん(第二回)

さて、前回に引き続きご紹介するのは、狸小路5丁目の三条美松ビルの地下一階のタイ料理屋さん「マニータイ」さんです。

ちなみに三条美松ビルさんの狸小路を挟んで向かいには、「さっぽろ狸ぽんぽこ座」こと札幌プラザ2.5さんがあります。

再びお店の情報からどうぞ。

店  名 マニータイ (Manee Thai)
電  話 011-232-5665
住  所 札幌市中央区南三条西5-14 三条美松ビル B1F
営業時間 17:00~24:00
定  休 不定休(月曜日)





画像


お店の装飾です。

タイの神様でしょうか?

こちらも雰囲気を演出してくれています。





画像


それではお料理の続きを。

こちらは「カイチャオ ムーサッブ」(タイ風挽肉オムレツ)です。

スパイシーではなく、とても優しい味付けでした。

今までがスパイシーなお料理ばかりだったので、とてもマイルドなお味でした。

ふわふわしてて、食感も素晴らしかったです。





画像


続いて、「パッドカパオ」(辛み焼き具のせご飯)です。

実はブログ担当の私は、大学の卒業旅行にタイのマレーシア側を旅しまして、そこで食べたこの「パッドカパオ」(現地では「パッカッパオ」と言っていたような気がします)がとてもおいしく、日本に帰ってからも忘れられなかったという思い出があります。

こちらの「パッドカパオ」もとてもおいしかったですよ(^^)。

あまりご飯ものでビールが進むことはないんですが、こちらはご飯ものなのにビールが飲まさりました。(「飲まさる」は恐らく北海道弁です。「ビールが進む」という意味です)





画像


そして次にオーダーしたのはタイ料理の代表格ともいえる「トムヤンクン」(エビの酸っぱい辛いスープ)です。

この「酸っぱ辛い」というのが病み付きになるんですよね。

ついつい次の一杯を求めて、またスプーンを差し出してしまいます。





画像


最後に、「パッドペマラ」(エビとゴーヤのレッドルーカレー炒め)です。

敢えて〆に選んだこのお料理は、ゴーヤのほのかな苦みで、口の中をさわやかにしてもらおうと思ってオーダーしました。

レッドルーカレーでありながら、全然しつこくなく、思惑通りお口をすっきりしていただきました。





是非また伺いたいお店です。

狸寄席や小狸寄席が終わったら、真向いのビルの一階ですから、立ち寄ってみられてもよろしいかもしれません。



狸寄席の会場の一階もHUBイートさんというおいしい屋台村ですから、落語をきいておいしいものを食べる…という流れに「札幌プラザ2.5」さんは最適ですね(^^)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック