狸小路に「現金つかみ取り」の季節がやってまいりました

札幌の年末の風物詩の中に、狸小路の「現金つかみ取り」があります。

このニュースが流れると、「ああもう年末なんだなぁ…」と、しみじみ時の流れの速さに思いをはせる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この現金つかみ取り、戦前から狸小路のシンボル的存在だった鈴蘭の形をした街灯「鈴蘭灯」が復活したのと同時期の、1949(昭和24)年より続いているそうでして、なんと初代「ゴジラ」上映と同時期で、プロ野球がセ・リーグとパ・リーグに別れるより前から続いている、長く札幌市民に親しまれてきたイベントです。

昭和の時代には、つかみ取りの額があまりに高額になったため、警察がパトカーを出して当選者を自宅まで送ったんだとか。



画像


先日の12月13日(土)の読売新聞の朝刊でも、狸小路の現金つかみ取りのことが記事にされていました。

25日まで行われている大売出しの期間中に、対象のお店で五千円以上のお買い物をすると一回抽選できます。

特賞が千円のつかみ取りです。

皆さんもこの機会に運試しなさってはいかがですか?

詳細は以下のURLでご確認ください。

http://tsukamidori.jp/pdf/tsukamidori_201412-3.pdf



もちろん抽選する前に、狸小路5丁目の狸神社にお参りをお忘れなく(^^)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック