中川ライター店閉店直前の店内vol.2

前回に引き続き、1902(明治35)年から狸小路で営業を続け、さる1月12日に113年の歴史を閉じた雑貨店(喫煙具、模型等)「中川ライター店」に、閉店前日の1月11日に行ってきたときのことを記事にしようと思います。

画像


こまごまとしたパーツが棚に並べられていました。

なんとなく古ぼけた感じもしますから、表舞台に陳列されていた商品が売れてしまい、デッドストック的なものが表に出てきたのかな?とも思ったり。





画像


続いて、「グリンマックス シナリーベース」とりますが、正式には「グリーンマックス シーナリーベース」です。

グリーンマックスという鉄道模型メーカーの、シーナリー(情景)のベースです。

これを元に、鉄道模型のレイアウトが作られます。

それにしても、この名称のアバウトさ、いいですね~。

また、100円だったら記念に買っておけばよかった…なんて今更ながら思ったり。





画像


お店の一番奥のスペースです。

ここには細々としたマシーンのパーツが売られていたと記憶しています。

鉄道模型とかだったかな~?





画像


ガランとした棚の上に置かれていた、イマイチ誰のものかわからないブロマイドと、ハエとかアリのおもちゃです。

売れ残るだけあるなぁ…と思いながらも、昭和のにおいをぷんぷんさせてくれて、うれしくなりました。





画像


こちらはアイデア商品とか、パーティーグッズのコーナーだったんじゃないでしょうか。

今でいうロフト的な品ぞろえとでも言いましょうか。

ダイソーのおもちゃコーナーにもこういうラインナップがありますね。

このコーナーも冗談にはマスクが置かれていたのでしょうし、下のガラス棚にも多くの商品が陳列されていたのでしょう。

この商品の置かれていない空間が、かつては商品で埋まっていた頃を想起させ、そのコントラストに感慨深くなります。





画像


最後に、囲碁将棋コーナーです。

私が最初にここで買い物をしたのは、将棋関連グッズだったと記憶しています。

なので、この一角はより一層感慨深いんですよね…。





札幌市民にとって113年もの長い間、おもちゃ箱であり、宝石箱であり、そして秘密基地でいてくれた「中川ライター店」さんとお店の方々、本当に長い間お疲れ様でした。

多くのワクワク感と笑顔、そして時には背徳感のような甘酸っぱい思い出(笑)とともに、それぞれの「小さいお友達」「大きいお友達」の胸の中に長く残っていくことでしょう。

そしてできれば、ねがわくば、いつかまた、お目にかかりたいなぁ…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック