テーマ:落語よもやま話

「三匹のこぶたちゃん」と「北海道の楽しい100人」と「チャレンジドアート&プロダクツ展」

いつもは月曜と木曜に記事をアップするのですが、先週木曜を休んでしまった代わりと言ってはなんですが、水曜に記事をアップさせていただきます。 今日のイベントのお知らせもあるので…(^^)。 11月27日の北海道新聞朝刊に、こんな記事が掲載されておりました。 (記事掲載に問題がありましたらご指摘ください。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「の ・ようなもの の ようなもの」と12月の落語シーズン

申し訳ありません。 先週木曜は記事をアップできませんでした…。 落語ブームを反映してかどうか、森田芳光監督、劇場デビュー作の「の・ようなもの」って映画のリメイク版、「の ・ようなもの の ようなもの」が、1月16日ロードショーとのことです。 松山ケンイチさん演じるパッとしない落語家さんが登場、ヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月6日は「謝樂祭2015」が開催されました!

先々週の日曜日、9月6日は東京上野の湯島天神にて、落語協会主催の「謝樂祭2015」が開催されました! 会場では、ビールや梅酒ソーダ、初天神団子なんていう洒落をきかせたお団子が売られたり、踊りも披露さやたりと、噺家さん自らが体を張っての大感謝祭、ファン感謝デーなんです。 これだけたくさんの噺家さんに会える機会なんてほと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅殊さんの本日10時15分からラジオ出演と様々な場所で開催されている寄席

まず最初にお知らせです。 狸寄席2014夏に出演のアイドル(?)藤花亭梅殊さんが、本日17日(木)10:15のAIR-G「brilliant days」に登場します♪ オフィスキューの北川久仁子さんとのおもしろトークぜひお聴きください! 梅殊さんの落語は8月2日(土)の「狸寄席2014夏」でお聞きいただけます(^^)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちえりあさんの「落語のいろは展」に行ってきました②

ちょっと間が空いてしまいましたが、「落語のいろは展」に行ってきたときのレポートの続きです。 「落語のいろは展」は、札幌市営地下鉄東西線の宮の沢駅ほど近くにある「札幌市生涯学習総合センター ちえりあ」さんにおいて開催中です。 落語と今まで縁遠かった方にも落語に親しんでもらえるようなパネル展示や、より落語家さんを身近に感じること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちえりあさんの「落語のいろは展」に行ってきました①

前回の記事でご紹介した「落語のいろは展」に、早速行ってまいりました。 札幌市営地下鉄東西線の宮の沢駅ほど近くにある「札幌市生涯学習総合センター ちえりあ」さんにおいて開催中です。 落語と今まで縁遠かった方にも落語に親しんでもらえるようなパネル展示や、より落語家さんを身近に感じることのできるようなアイテム展示がなされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

噺家さんだけではないのです

本場の寄席では噺家さんだけが出演するわけではありません。 漫談、漫才、手品、三味線、曲芸などのいわゆる色物の方々が寄席を彩ります。 様々な芸能を寄せるのが、寄席の楽しみでもあります。 ウクレレ漫談の牧伸二さんも寄席の出身ですし、あのナイツも寄席で芸を磨いています。 狸寄席では落語だけではなく、色物も呼べれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は雛祭り

今日は3月3日、桃の節句、つまり雛祭りの日です。 女の子がいらっしゃるご家庭では、雛人形を飾って、白酒やちらし寿司、はまぐり料理や雛あられなどを楽しまれることでしょう。 落語の演目にも、雛人形にちなんだ演目があるのをご存知ですか? 「雛鍔」という古典落語です。 この演目がどういうあらすじかを書くは野暮なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長屋暮らしって

長屋って、皆さんご存知ですよね? 「デジタル大辞泉」によりますと、長屋とは、「細長い形の家。棟を長く建てた家。もしくは1棟を仕切って、数戸が住めるようにつくった細長い家。棟割り長屋。」とされています。 一方で、フリー百科事典「Wikipedia」によりますと、長屋(ながや)とはやはり集合住宅の一形態と定義づけられています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語のススメ?

BSTBSで先日、「謎解き!江戸のススメ 「落語」庶民最大の娯楽」が放送されました。落語ファンの方には観られた方もいらっしゃったのではないでしょうか? 江戸時代から明治にかけて、歌舞伎も人気の芸能でしたが、その入場料金は高く、庶民にはなかなか手の届かないものだったそうです。 その点落語の寄席は安く、庶民にも楽しめる、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みずから落語することに目覚めたアマチュア噺家さんたち

落語の楽しみ方は人それぞれ。 寄席や独演会で生の落語を目で観て耳で聴く、これは生の醍醐味があります。 CDやDVDで名人の芸を繰り返し楽しむ、これはこれで乙なものです。 はたまた、観る聴くでは飽き足らず、噺を披露する楽しみもあるようです。 実際、道内にはたくさんの社会人落語倶楽部があり、みずから落語するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとした噺家さんの話

もともと落語は噺と言っていたそうです。 噺のジャンルには滑稽噺、人情噺、怪談噺、芝居噺などがあって、サゲ(いわゆる落ち)のある噺を明治の時代に落語と表記されるようになり、そのうち噺全体を落語、噺家を落語家と呼んだりするようになったらしいです。 ですので、落語家さんは自分たちのことを噺家と言っており、通のお客さんも「あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席の楽しみ方

こちらのブログでは新年のご挨拶はまだでしたね。 あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 仕事始めの昨日月曜は、バタバタしててブログ記事をアップできませんでした。 月曜と木曜に更新すると申し上げておきながら申し訳ございません。 さて、寄席の楽しみ方は人それぞれですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席って何?どこにあるの?

「寄席(よせ)」っていう言葉をたまに耳にされる方もいらっしゃると思います。 寄席ってなんだろう?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 寄席とはWikipediaを引用させてもらうと、「日本の都市において落語・浪曲・講談・漫才・手品などの技芸(演芸)を観客に見せるため席亭(興行主)が経営する常設の興行小屋で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クドカンさんが手がけた落語ドラマ

じぇじぇじぇ(‘jjj’)/ 先日流行語大賞の一つにも選ばれたフレーズでもおなじみの大人気ドラマ「あまちゃん」の脚本家宮藤官九郎さんが2005年に「タイガー&ドラゴン」というドラマの脚本も手がけていたのは落語ファンならご存知の方も多いかと思います。 長瀬智也さんがヤクザで落語家の小虎、岡田准一さんが落語家の息子で売れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more