クドカンさんが手がけた落語ドラマ

画像


じぇじぇじぇ(‘jjj’)/

先日流行語大賞の一つにも選ばれたフレーズでもおなじみの大人気ドラマ「あまちゃん」の脚本家宮藤官九郎さんが2005年に「タイガー&ドラゴン」というドラマの脚本も手がけていたのは落語ファンならご存知の方も多いかと思います。

長瀬智也さんがヤクザで落語家の小虎、岡田准一さんが落語家の息子で売れないショップの店主の小竜、脇を固めるのは西田敏行さん、阿部サダヲさん、荒川良々さん、伊東美咲さんと芸達者な面子に加え、笑福亭鶴瓶さんに、春風亭昇太さんと現役落語家も華を添えています。

このドラマをきっかけに落語が好きになった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際の落語家の暮らしからはかなりデフォルメもあるし、ネタも今風に仕立ててあるので、これをそのまま受け売りにはできませんが、この作品でも、クドカンさんらしいユーモアと家族愛が伝わる良いドラマだと思います。

着流しのイケメンが街を闊歩する、そんな光景も寄席の隠れた魅力かもしれません。

狸小路をそんなイケメンや着物女子が練り歩いていたら…と想像すると、思わず笑みが出ちゃいます。

粋ですよね。

「あまちゃん」のテーマである家族愛のルーツを探る意味でも「タイガー&ドラゴン」をあらためて見てみませんか?




こんな感じで毎週月曜と木曜に、落語や狸小路のことに関した記事をアップさせていただく予定です。
もしお時間ありましたら、お付き合いいただければありがたく存じます。

ちなみに画像は、さる10月27日に札幌プラザ2.5で開催された「第一回狸寄席」の高座です。

第二回狸寄席は、来年4月26日(土)に開催予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック